帰ってきた営業魂

熱いユニクリ営業マンの日常を文面から感じ取れ!  『アナタの就職活動を応援するユニクリナビ・ブログ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
おはようございます。

新年になり弊社の親会社になるアソウヒューマニーセンターも新卒採用を開始しました。

是非、一度ご覧下さい。

まずは、弊社の代表中島彰彦のメッセージを読んで見てください。

企業にとって社長は最終決裁者です。いわゆる船で言うと舵取り役
しっかり就職する前に社長の考えは理解しておく必要があるでしょう。




【アソウヒューマニーセンターグループ代表取締役 中島彰彦】

今、あなた方は、その選択肢の中から就職という一つの考え方を選ぼうとしている。就職するという選択と就職しないという選択があって、働くか働かないかと言っているのではないと思う。単純にみんながサラリーマンになるから就職するという考えなら、就職はしない方がいい。その前に自分は何がしたいのか、何が出来るかということを卒業する前たった一度の人生であるし、かけがえのない人生であるから、惰性に流されず、自分自身を見つめ直す時が来たのだと考えるべきである。これまで学生という身分で社会と親から保護されてきた枠の中から飛び出す時である。就職活動は、自分を見つめ直す時、世の中の流れがどうなっているのか、社会の構造がどうなっているのかを堂々と見て廻れるチャンスの時なのである。

私は自分の会社をどうだこうだと言うつもりはない。ただ、医療であれ、介護ビジネスであれ、通信・情報やマスコミ、環境事業などであれ、最終的には人と人とのつながり、人との関わり合いがあって成り立っている。その、人という無限の可能性を持っているそのもの自体を課題として、チャレンジしている会社であることは事実である。また、事を動かそうとする時は、形態は何であれ「雇用」が発生する。「雇用」が地域・国家・地球の活力の源であり、すべての原動力である。私たちの仕事は、その雇用を創造する仕事なのである。

人生の選択肢の一つとして、当社を考えることもあると思うが、頭がいいとか、いい学校を出ているかどうか、などはさほど重要ではない。人と一緒に泣ける人。人と一緒に喜べる人。人と一緒に悲しめる人。そういう人間性にあふれた感謝と感動の心を持っている人であれば、我が社はあなたにとって「いい会社」であると思う。

いかがですか??

まずこのメッセージに共感できた人はもう少し企業の研究をしてみると良いと思います。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ucnagoshi.blog77.fc2.com/tb.php/192-62e159cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。