帰ってきた営業魂

熱いユニクリ営業マンの日常を文面から感じ取れ!  『アナタの就職活動を応援するユニクリナビ・ブログ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<質問>

グループディスカッションではリーダーを務めた方がいいのか?

就活カフェのねえさんもお答えしていますが、自論で対抗です。

ねえさんのブログはコチラ
  ↓  ↓
本多ロゴ



注意:対抗といってもねえさんの意見を否定している訳ではありません。


私も面接を担当しておりますが、私がグループディスカッションで注目しているポイントは

気配りと相手の立場に立つということです。

たまに、グループディスカッションの目的が自己PRの場だと勘違いされている学生さん結構多いんです。

自己PRはとても大切です。
だから自己PRは面接の時にわざわざ時間が取られているのです。

同じようにグループディスカッションを選考時に行う目的がある訳ですからその目的をはずしたらいけません。

答えを言いますね。

グループディスカッションは、

『テーマに基づいた結論を導きだす』ということです。


面接官は何を見たいのか??

目的に向いメンバーが協力して(協力できるように)いるか?
そのために各人がどんな役割をしているか?
タイムキーパーや書記、自分の意見を言うことも大切です。
でも、『気を配り・相手の立場に立つことが出来るか?』

これが大切だと私は思います。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ucnagoshi.blog77.fc2.com/tb.php/121-7dcdd12e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。