帰ってきた営業魂

熱いユニクリ営業マンの日常を文面から感じ取れ!  『アナタの就職活動を応援するユニクリナビ・ブログ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
週末はしっかり私もリフレッシュさせて頂きました。
ありがとうございます。

週末は実家(大分)に帰らせて頂きました。
先日兄に子どもが産まれ初めてのご対面です。
これで私は見た目だけでなく・・叔父さんです。
名前はシューマッハから取った??柊真(しゅうま)です。


さて前置きはココまでにしておいて・・

りる作・・裏合同企業説明会レポート No③

意気揚々と取材を開始しようとしたのは良いものの、どちらを向いても人、人、人。当たり前といえば当たり前なのだが、むしろガラガラではなくこれだけ人が集まっていることに感謝すべきなのだろうが、正直、身動きが取れない。どうするべきかとしばし悩むが答えが出るわけでもないのでとりあえず観察からはじめることにする。シャーロック・ホームズもまずは観察しろと言ってるしな(ホントかよ)。
 アテンダーに注目してみた。腕に腕章をつけているからすぐにわかる。笑顔に余裕がなさそうに見えるのはまだ緊張しているからだろう。と、いうよりも予想以上の学生の多さにてんてこ舞いと言ったほうが正しいのかもしれない。彼らに話を聞くのはしばらく無理そうだと思っているとカメラ小僧と再会。お互いに顔を見合わせて苦笑い。収穫が上がるのはまだ先の話のようだ。豊穣の祭りでもやるべきか。

 ぶらぶらぶら。あてもなくさまよう私。会場を見て感じたこと、気がついたことを手元の紙にメモしていく。なんだか独り言みたいだ。これ全部、口に出しながら歩いていたら確実に変質者として御用になってしまう。そりゃあ、職務質問はされてみたいけれどあくまで知的好奇心のためであって、嫌疑をかけられるためではない。警職法の2条はさすがに覚えてないしなぁ。
 正しいすとおかぁの心得を一度ここで確認しておく必要をひしひしと感じる。警察に目をつけられないようにすることは小市民的な人間としてはとても重要な案件である。三十六計逃げるにしかずというが、警察の前でこれをやったらまず怪しまれる。ならば、最初から怪しまれるような行動をとらなければいいだけのこと!ふふふふふふふふふ。すとおかぁだとバレなければ問題なっしんぐ!これからも正しいすとおかぁとして取材は続く。
☞Let’s go to next page!!!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ucnagoshi.blog77.fc2.com/tb.php/113-8c1bbbc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。