FC2ブログ

帰ってきた営業魂

熱いユニクリ営業マンの日常を文面から感じ取れ!  『アナタの就職活動を応援するユニクリナビ・ブログ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新年明けましておめでとうございます。

今年もなんとなく更新していこうと思いますので宜しくお願いします。

新年という事で、今年の抱負でも考えようと思ってます。

2009年はどんな年になるのやら...

先行き不安なことばかりですね。

でも、自分に出来ることは先行きが真っ暗でもとにかく前に進むことかなと思います。

てなわけで今年の抱負は

「前進することを恐れず、常に明るく周りに勇気を与えるようになる」

ってな感じでがんばります!

真っ暗の中を進むのって怖いですよね。どこに向かってるのかわかりませんし。

でも幸いなことに、私にはたくさんの優秀な仲間がおりますので、安心して前進したいと思います。

ではでは、2009年がみなさまにも素晴らしい年になりますように!
スポンサーサイト
なぜか書き手が変わるこのブログ。
よくわからないブログですが、ひとりにでも届けばいいかなってくらいの勢いで書きます。

記念すべき第1回目のテーマは「振り返り」

生きてきた27年間をふと振り返ることがあります。

いい思い出、悪い思い出、いい思い出、いい思い出、いい思い出。

いい思い出が多いひとは幸せ。

悪い思い出の多いひとは幸せ。

幸せって主観ですよね。

ただただその幸せを求めているのかもしれませんね。

何が言いたいかというと、振り返っていい思い出も悪い思い出も受け入れられてる未来を作りたいねってことです。

文才がないので、これくらいで今回は終わります。

さようなら
今日はまだまだ我々のことを知らないことが多いと思いますので
勝手に自己紹介をします。

私の名前は、名越 弘樹と言います。

【プロフィール】
1978年:大分市で産まれる
    ↓
小学校3年生から地元の少年野球に熱中
    ↓
中学、高校も野球一筋で本当に甲子園を目指していました。
    ↓
大学では、九州産業大学で準硬式野球をして
大学3年生の時には全国制覇などしています。
    ↓
就職活動はほとんどしていません。
活動は一社だけ今の会社にたまたま拾われました。
入社したのは弊社の親会社にあたる
株式会社アソウヒューマニーセンターです。
    ↓
入社3年目に株式会社ユニバースクリエイトに着任
    ↓
現在、九州を盛り上げたいと奮闘する働き盛りの28歳

明日は【今私がしている仕事】をお伝えします。


前回このブログでミスマッチの原因は一つではないという
話をしましたが、その一つとして現在こんな動きがされています。

ミスマッチの原因として

「若者が社会に出るまでに身に付ける能力」と「職場等で求められる能力」
とが違うからミスマッチが生じるとされています。

それを定義づけしたのか『社会人基礎力』です。

要するに若者が社会に出る前に身に付ける能力と社会に出て必要な能力を
定義することでミスマッチをなくそうという動きです。

下記その定義・・ご参考までに

●前に踏み出す力(アクション)
 - 主体性:物事に進んで取り組む力
 - 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
 - 実行力:目的を設定し確実に行動する力

●考え抜く力(シンキング)
 - 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
 - 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
 - 創造力:新しい価値を生み出す力

●チームで働く力(チームワーク)
 - 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
 - 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
 - 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
 - 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
 - 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
 - ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

頑張りましょう。
ミスマッチ?

『ミスマッチ』という言葉を良く最近耳にします。

代表的な言葉として就職ミスマッチ。
その結果、苦労して手に入れた内定(就職)をすぐに手放してしまう。

企業も多くの時間と費用を費やして採用したにも関わらずミスマッチ
なんていう都合の良い言葉で退職されてしまう。

企業も学生もこのミスマッチによって得るものは何もありません。

さて、そもそもミスマッチとは何故起きてしまうのでしょう??

   『自己分析不足??』
   『自分らしく働きたい??』

なんてことをいう学生や評論家の話を聞いて愕然とします。

そもそも自己理解(分析)とか自分追求(自分らしく働く)とかは
人生のテーマにすべきとても難しいことのはずです。

要するに何故自分は生まれて来たのか?ってことですよね。
ちなみに私はまだその答えを知りません。
おそらく死ぬ瞬間にその答えが出るようなことです。

それを就職活動で答えをだすことじたい不可能ではないでしょうか?

最近の学生さんは取り付かれたように自己分析に没頭します。

おそらく20年前は自己分析という言葉すらなかった
最近の学生さんはおそらく過去最高に自己分析をしているでしょう。
幸い自己分析をするためのツール世の中には溢れています。

一方企業も適性検査をしてみたり面接の数を増やしたりとあらゆる
手段を講じてなんとかミスマッチをなくそうと一生懸命です。

なのにミスマッチ(早期離職)年々増加しています。
  データ<3年以内の離職率35.4%>

何故??

働く環境が厳しくなった・・とか
我慢できない若者が増えた・・とか
情報過多の時代に他の企業の方が良く見えた・・とか
学生が就職活動において本当の自分を隠して就職した結果・・とか
企業も学生を採用したいために自社を美化しすぎた結果・・とか

諸説いろいろあります。
答えは一つではありません。

但し確実に言えることは

学生さんは、社会は厳しいということをしっかり認識すること
自分らしく働くことなんてそうそうできません。

だからと言って一生自分らしく働くことが出来ないわけではありません。

おそらく世の中のひとの大半は『自分らしく働きたい』と願っています。

『自分らしく働くため』には、

今したいことではなくて

今すべきこと

今できることをしっかり全力ですること

そうすれば必ず『自分らしく働くことができる未来』が来ます。

頑張りましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。