FC2ブログ

帰ってきた営業魂

熱いユニクリ営業マンの日常を文面から感じ取れ!  『アナタの就職活動を応援するユニクリナビ・ブログ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今朝こんな記事が出ておりました。

◇就職情報サイトを運営する毎日コミュニケーションズ(東京都)が、来春卒業の大学4年生など約1000人に就職活動を表す漢字1字を聞いたところ「楽」と「苦」が1、2位を占めた。
 ◇「思っていたより楽」「自分の成長を楽しめた」などの「楽」は5.7%で4年連続トップ。一方で「苦労した」などの「苦」は4.7%で前年の2.6%(4位)から2倍近く伸びた。
 ◇同社によると、内々定を得た企業の1人当たりの数は2.29社と前年より増加したが、内々定率は81.2%と減った。最近は「売り手市場」と危機感の薄い学生も多いらしく、戦いの前の備えが「苦楽」を分けた?


だそうです。

皆さんにとってはいかがでしたか?

やはり就職活動も格差が広がっているようです。
売り手市場と言われる現在も、企業は採用基準を緩めてはいません。

また、せっかく就職しても3年以内に4割近くの新卒者が
辞めてしまうという現実も問題かも知れませんね。


内定を持っている学生さんは複数持っているけど
内定を持てない学生さんはまだまだ苦しんでいるようです。

今まで半年間就職活動をしていて内定を貰えていないという学生さんは
就職活動の方法自体に問題があるのかも知れませんね。

スポンサーサイト
ずっと以前このブログにも書きました内容ですが・・

おそらくまだ就職活動真っ最中の学生さん
正直焦っているのではないでしょうか?

焦る必要はありません。

秋にまた求人は増えます。

考えて下さい。
就職が早く決まったから良い就職かどうか分かりません。

そもそも就職活動において何が成功で何が失敗か
とする考え方を意識する学生さんはあまりいないように感じます。

そこで、私が極めて独断と偏見で考えた就職成功の定義です。


①期待いっぱいに心弾む3月31日(入社前日)が迎えられる。
②入社して1年間は訳もわからずがむしゃらに仕事に没頭できる。
③2年目以降はほんの少しだけど仕事の楽しさを感じながら充実した日々を過ごす。
④3年目以降は、結果を出し、会社から頼りにされ、やりがいを感じる。
⑤10年目以降は、会社にとって必要不可欠の存在となる。

こんな就職が出来たら最高ですね。

もう一度就職活動について考えてみて下さい。

9月から再スタートです。
頑張りましょう。


ココで就職成功の定義を決めておきましょう。
前回の続き・・・

どのようにすれば好ましい偶然に出会うために能動的かつ継続的に
自ら仕掛けていくことができるのだろう??


1、好奇心(Curiosity)
今、自分が持っている目標に直接必要であるかどうかに関わらず
多種多様な事柄に広く好奇心を持つこと。

2、こだわり(Persistence)
自分の考えや価値観に、根底の部分ではこだわりを持ち続け、簡単にあきらめないこと。

3、柔軟性(Flexibility)
環境がどのように変わっても対応し、今の具体的計画にとらわれず、予想外のチャンスも活かすことができること。

4、楽観性(Optimism)
どのような結果になろうとも、自分のキャリアにとってそれなりに役立つ
部分があったとポジティブに捉えることができること。

5、リスクを取る(Risk Taking)
変化が激しく、先行きの見えない時代には、自らリスクを取ることが
できること。受身でもリスクは向こうからやってくる。

以上5つです。

この5つのことを意識し日々行動することが大切ですね。

特に就職活動において必要なのは楽観性だと思います。
就職活動なんて失敗を自ら苦労してするようなものです。

苦労するのはあたりまえ、ここで働きたいと思える会社に就職しましょう。
少し時間が空いてしまいましたが、先日の続きです。

大分の九重で開催された新入社員研修の内容です。


『人生の偶然』

皆さん、偶然なんて単なる偶然だと思っていませんか?
正直私も思っていました。

でも、偶然を単なる偶然として終わらせるのではなく

1、偶然を自分のキャリアにするというお話
2、さらに、その好ましい偶然を自らキャッチしていこうというお話

をご教授いただきました。

難しく考えないで下さい。難しいことではありません。
実際に世の中の仕組みの中に自然と浸透している考えです。
それを意識して更にプラスにしていこうという人はまだまだ
多くはないと思いますが・・

例えば、あの有名なガレリオは木星を見ようとして月を発見したそうです。
また、コロンブスは中国に向け航海していたところアメリカ大陸を発見
したそうです。このように多くの発見はそもそも偶然によるものだそうです。

『偶然に出会うために能動的かつ継続的に自ら仕掛けていくこと』
   や
『好ましい偶然を味方につける』
という考え方を学びました。

ではどのようにすれば好ましい偶然に出会うために能動的かつ継続的に
自ら仕掛けていくことができるのだろう??

具体的な行動は??


人生には大切な大切な何物にも変え難い出会いがあります。

それを先日の新入社員研修にて改めて教えて頂きました。

それは

1.「人」との出会い

2.「本」との出会い

3.「言葉」との出会い
  生涯を通じて、かけがえのない存在となった言葉との出会い
  「言葉には、自分自身を変え、強くしてくれる力がある」


4.「出来事」との出会い

5.「場」との出会い


以上5つの出会いがあれば・・

「新しい自分自身」との出会いがある。
・見えなかったものが見えてくる。
・自らの未来との出会い。

皆さんも気付いていたと思いますが
こうやって文章にして見ると改めて
『出会い』の大切さが分かります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。